温活で身体をホッと安心健康体へ~冷え改善グッズがアツい~

遠赤外線の効果

ダンベルする女性

生活に浸透した遠赤外線

遠赤外線は電磁波である赤外線の一種で、波長の長さの違いにより、「遠赤外線」と「近赤外線」に分類されています。遠赤外線は、あらゆる物質から放出されています。なかでも、放射された遠赤外線が遮られずに放出されるのが、金属の酸化物とされており、代表的なものとしてセラミックスがあげられます。こうした物質は反射率が高く、熱を効率的に伝えることができるため、遠赤外線を利用した商品に用いられています。 遠赤外線の働きが注目され、身近に使う生活用品にも取り入れられることが多くなってきました。こうした中で、身体を芯から温める効果があるという誤解も生じています。実際には、肌の浅い部分で熱に変わっているため、体の内部を温める効果は期待できないとされています。

正しく理解して活用することが重要

遠赤外線を取り入れた商品が数多く販売されるようになり、購入の際には、機能を理解してから購入することが大切になっています。商品に「遠赤外線」と記載されているだけで、どのようなメリットがあるのかはっきりしない商品もみられます。特に、肌着など身に付けるものや布団など、伝道熱で温かさを感じる商品については、ふく射熱としての遠赤外線の効果は低いとされています。 高価な肌着の中には、実際の効果が見られず、国民生活センターなどに相談に持ち込まれるケースもあるようです。こうしたトラブルを避けるために、社団法人遠赤外線協会の認定マークのある商品を選ぶことも有効です。ふく射熱の仕組みを理解した上で、生活に取り入れていくことが重要といえるでしょう。